預骨供養利用規則 – 役員様

當山本堂内で、ご遺骨を有期限(30年もしくは33回忌まで)でお預かりいたします。

・菩提寺が遠方にあり、なかなかお参りができないし今後も遠方の墓地にお参りすることは無いと思われる。
 と言ってこの近辺で新たに墓地を調えるには将来的に維持が出来るのかとの不安がある。

・または菩提寺が分からない等の理由にて、残されたご親族のご遺骨の供養で困っている。

・長年連れ添った配偶者とはもう少し一緒にいたい。
 その後は子供に迷惑は掛けたくないので、適当な時期に合祠墓に納めて貰えれば良い。

等々、色々な不安にお応えいたします。
當山の預骨供養を利用することで、その様な不安を解消すると共に、住職による毎日の供養も加わります。
故人様のご供養と共に、皆様の安心を得ていただく為にご利用頂ければと存じます。

PDFファイルです。
ダウンロードしてご利用下さい。
各ファイルを利用するには Adobe Reader が必要です。
既にウイルス対策ソフトを導入済みの方は、Adobe Reader のダウンロードページ中央の「オプションのプログラム」のチェックは外した方が良いでしょう。

————————————————
當山役員様へ 提案書

預骨占用認証書

預骨証書

延長認証書

————————————————

預骨供養利用規則

預骨占有申込書

預骨申込書

氏名住所変更届

祭祀承継者変更届

新祭祀承継者_同意書

預骨返納申請書

預骨期間延長申請書

預骨返還申請書

預骨返納申請書

預骨料金表-A

預骨料金表-B

お参り出来る時間は、毎日午前9時から午後5時迄としますが、住職が寺に居る時間に限ります。
住職が留守の場合がありますので、お参りを希望される方は電話・メール等で必ず予約の上でお参りください。

その他詳細は當山までお尋ね下さい。

預骨供養利用規則 – 役員様 への11件のコメント

  1. 管理人

    昨日(5/19)弁護士との面談を受けて修正。

    第2条6項 この項は修正ではありませんが、その内容によって、
    消費者契約法が有、それによって、全額を返却せよと言われる可能性がある。

    第10条1項を修正。
    取り消し通告がなされた場合  と言う表現に修正。
    第10条3項
    位牌を撤去処分します。  と言う表現に修正。
    第12条
    ・・・改正された場合ないし必要がある場合には本規則も改正されることがあります。
    と言う表現に修正。

    「祭祀承継者変更届」
    添付書類:遺言書、家庭裁判所の審判書、相続人全員の同意書
    裏面を、「相続人全員の同意書」のページとすると良い。
    この書類がアップロードされていませんでした。
    表面のみ載せます。
    裏面も追加しました。(05/20 09:40)

    「返納申請書」
    受領書部分に、(お位牌は総持院にての処分を希望します。)との行を追加。

    返信

  2. 管理人

    先日はお忙しい中、またご遠方より役員会にご参加いただき誠にありがとうございました。
    小野さんの質問(利用規則は何を元に作成したのか)に対する私の返事に認識間違いがありました。
    現在の利用規則は、南部さんによって作成されたものです。
    5月19日午後に弁護士さんと面談致します。

    役員会の決議を受けて、利用規則等を変更しました。
    生前申込が為されることもあり、その他全てに於て便利ですので、「預骨枠占用」との表現は引続き利用しようと思います。

    この度の利用規則の変更は、「預骨枠1箇には一霊のみ預骨できる」ことへの変更が中心です。

    利用規則第7条第2項
    2. 本堂内での安牌・安骨等の儀式は當山住職(閑栖・副住職、若しくは當山住職
    から委託を受けた他寺住職を含みます)によって勤めます。

    “を含みます” との語を追加。


    「預骨志納金-B」
    預骨志納金(料金表)に2ページ目を追加。
    祠堂供養料を提示してありますが、利用規則本文には記しません。

    返信

  3. 管理人

    第6条1項
    ご遺骨焼骨 → ご遺骨 に変更。

    第6条3項
    誤解を生じるので削除

    第9条2項
    追加
    必要ないか?
    目的とするところは、預骨枠占用の権利を他人に譲渡させないこと。

    第10条1項
    条項の順序の並び替え、『または第9条2項に違反した場合』の追加。

    第6条3項の変更を受けて「料金表」も修正

    返信

  4. 管理人

    ページ内でフォントの濃度の統一が出来ていなかったのを修正。

    第2条4項
    合祠墓部分の変更。

    第2条5項の変更。

    第3条2項
    第2条4項の変更を受けて、合祠墓部分の変更。

    返信

  5. 管理人

    「同意書」の位置をページ上部に変更。

    返信

  6. 管理人

    「規則」
    第1条
    適切に行なわれるうことを → 適切に行なうことを
    修正。

    第2条
    2. 預骨枠占用認証書1件につき預骨枠1箇を占用でき、預骨枠1箇には二霊まで預
    骨できます。『第三霊目は新たな預骨枠占用申込が必要です。』
    『』部分追加。

    第3条
    2. (以下合祀墓という)にへ改葬 → (以下合祀墓という)へ改葬
    修正。

    第4条
    預骨されている被供養者のご遺骨が合祀墓へ改葬される前であれば、祭祀承継者は
    『當山より発行された預骨枠占用認証書と預骨証書を添えて』預骨返納申請書を提出することによって、被供養者のご遺骨を引き取ることができます。この場合、預骨志納金は返還されません。
    『』部分追加。

    第9条
    申込者死亡等による → 祭祀承継者死亡等による
    修正。

    全ての申請書、許可証に変更があります。

    返信

  7. 管理人

    「料金表」に、「骨壺サイズの変更に掛かる費用」を追加しました。

    返信

  8. 管理人

    かっこ ( ) を全角に統一しました。
    「料金表」に、骨壺変更に伴う費用を載せるべく、只今業者に問い合わせ中です。

    返信

  9. 管理人

    ここに、皆さんのコメントを付けることが出来るようになりました。
    このページは、役員さんしかアクセスが出来ないページです。
    ご意見等、忌憚なく、よろしくお願い致します。

    返信

  10. 管理人

    2016/04/01 08:30
    預骨枠占用申込書
    預骨枠占用認証書
    追加しました。

    返信

  11. 管理人

    利用規則 2016/03/24 14:00修正 南部氏バージョン について、
    先のものはフォントサイズを12ポイントとしましたが、見た目が変でしたのでこのバージョンは11ポイントとしました。
    南部さんによる修正バージョンです。
    とにかく形を整えてみただけ。のバージョンです。
    カッコ等の半角/全角は未だ統一できていません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください