新弟子 修行道場へ掛搭

我が息子がヘルニアとかの病がきつく、修行を断念せねばなりませんでした。
修行をせねば寺の跡継ぎにはなれませんので、とある檀家さんのお孫さん(我が息子と同学年)に、修行道場へ3年間行って當山の次の住職になって貰えないか?と打診をしたところ、「なっても良い。」との返事をもらう。

早速、本年3月よりお経の練習を始め、初めて衣を身に付け、意思表明より一ヶ月も経たぬ3月28日に愛知県一宮市の妙興寺専門道場に掛搭(修行の為に道場の門をくぐり入門すること)致しました。
辛い修行に耐え、これから3年ののちに當山の住職になる予定です。
ご報告方々、お知らせまで。

新弟子 修行道場へ掛搭 への1件のコメント

  1. 管理人

    残念ながら、彼の當山の住職就任は叶わないことになりました。
    この度、5月13日に修行道場を出奔してしまいました。
    理由を聞いてもなかなか判断に苦しむところが多く理解しかねるのですが、本人が修行を続ける事はもう出来ないと言うのですから止むを得ません。

    皆様には無用な期待と、またこの度はご心配をお掛けしましたこと。深くお詫び申し上げます。
    次の住職には、修行の済んだ人に打診・お願いをしていこうと思います。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL